データを寄稿していただける方へ

  • データの寄稿に関心を持っていただきありがとうございます。このサイトではできるだけ公平な結果を出すために、いくつか決まり事(ガイドライン)を設けております。以下解説いたします。

  • まず、計測者によりCPUスペックが違うので、ベンチマークを走らせていただき、ノード数が私のサイトと同じになるように一手あたりの持ち時間やスレッド数の調整をお願いしています。​ベンチマークソフトは現時点ではYaneuraouの64ビット版を用いております。できるだけ、最新版をお使いください。ベンチマークを取る方法は実行ソフトをダブルクリックで起動、出てきた窓の中で"bench 1024 4"というコマンドを入力します。最後の4という数字は各自のパソコンで実際に対局をするスレッド数に合わせてください。ベンチマークが走った後、Node/Secondという欄に出る数字が一秒あたりのノード数(NPS)です。​ベンチが終わったらContactタブ、あるいはツィッターでスレッド数とNPSをお伝えください。こちらから対局条件、つまり一手何秒で計測するかご連絡いたします。

  • 対局する際の将棋エンジンの設定で特に注意すべき点は(1) Ponderは必ず切る, (2) Hashメモリは1GB (3) 秒読みマージン, Net Delayなどの項目は0(4) 定跡は基本的にはoff (ただし定跡に大きな工夫があるソフトはonにしています) (5)投了値が設定できるソフト同士の対局の場合は3000点に設定。わからない部分があったら対局を始める前に必ず確認してください。

  • ​対局データは棋譜(kif形式)にノード数や読み手を残すように設定して行ってください。(ShogiGUIが便利)棋譜ファイルから読み取った勝敗が公式データとなりますので、棋譜をダウンロードできるようにしてください。棋譜は当サイトからダウンロードできる形になることをご了承ください。棋譜ファイルがない対局結果はデータとして採用しておりません。

  • 計測するソフトはなんでもいいわけではなく(1)大会に出場したソフト、あるいはそれに準ずるもの(2)ブログやGitなどでどのようにして作られたソフトなのかある程度明確に書かれているソフトです。素性がよくわからないものについてはトラブルを避けるため掲載をお断りすることがあります。はっきりしない場合は事前に相談していただけると幸いです。