将棋フリーソフト入門

August 20, 2017

#2018/05/12 アップデートしました。

 

 将棋ソフトは綺羅星のようにたくさんあります。気楽にソフトと将棋を指したければスマホアプリやブラウザで遊べる将棋サイトが便利ですが、詳しい将棋の勉強(自分が指した棋譜の解析、定跡の詳しい検証、強いソフト同士の対局から新しい戦法のヒントを得る)を行おうとすると、パソコンを用いるのが一番便利です。この記事ではこれからパソコンで将棋の深い勉強をしてみたいという人向けに、将棋フリーソフトとの付き合い方の解説をしてみようと思います。

 まず、パソコンで将棋の研究をしたいという人にとってはマックは不便で、ウィンドウズが動くパソコンが絶対です。最強のソフトを使いたければ、旧式のパソコンだと一部のソフトは動かないので、できるだけ新しいCPU, メモリーもやや大盛り(8GB以上)にすることをおすすめします。 OSは64ビット版を強く推奨します。

 現在、上記のような将棋研究の目的のために最もよく使われているのは激指・定跡道場だと思います。これらは有料ソフトですが、ソフトのインストールが簡単、かつ棋力もかなり高いです。私のサイトではソフトの棋力を測定していますが激指14のレーティングはR3000強、最近発売された定跡道場4はR3100程度あると推察しています。(後者は数局のソフト対局からの推察)R3000とかR3100というのは人類が到達可能な最高の棋力位、実用的には十分だと思われます。

 一方、フリーソフトの場合、棋力は最近の将棋エンジンの急速な発展によりレートがR4200という数年前からは想像もつかなかった高みに達しました。R4200というとR3200のソフトに対する勝率は99%を超えます。車に例えると、激指は必要十分な棋力、機能をうまくパッケージしたカローラ、フリーソフトはメンテにやや注意が必要だけれどエンジンの強さを極限まで高めたフェラーリという感じかなと思います。導入は有料ソフトに比べて若干複雑ですが、無料で使えますので頑張って使いこなしてみませんか。

 フリーソフトの導入がやや面倒だと思われる点は棋譜解析・検討・ソフト対局・定跡作成などを司るインターフェース(代表的なものはShogiGUI, 将棋所)と将棋の思考をつかさどるエンジンが別れているためインストールと設定を別々に行う必要がある点です。

 まずは、インターフェースソフトの導入しましょう。ShogiGUIはインストーラーがありますので、通常のWindowsソフトと同じ手軽さでインストールすることができます。その意味では初心者はまずこちらを試したほうが良いでしょう。将棋所の場合はzip形式で固められているので、それを解凍して自分の好きな場所に置く(例えばデスクトップ)ということになります。ShogiGUIはインストールの方法が簡単なだけでなく、GPSFishというかなり強いエンジンが最初から組み込まれていますので、エンジンのインストールを別にやらなくても激指と同じような使い方がインストールしただけでできます。GPSFishのレーティングはR2900弱、激指に比べてやや弱いように思えますが、このレートはプロレベルに相当すると思いますのでアマチュアが使う上では全く問題ないと思われます。エンジンのインストールが面倒だなと思われるようでしたら、まずはShogiGUIをインストールし、エンジンとしてはデフォールトのGPSFishを用いて、まずはその沢山ある機能を習得されることをおすすめします。たとえば、ShogiGUIでできることとして

  • 自分が指した将棋の棋譜、プロの棋譜などを棋譜解析して悪手・緩手がどれで、どう指せばよかったのか学ぶ。(ソフトを用いた感想戦)

  • タイトル戦など棋譜が公表されているサイトからネット経由で棋譜をリアルタイムにダウンロードしソフトの評価値から形勢、最善手は何かなどソフトの解説を見ながら鑑賞する。

  • 自分のパソコン上でソフト同士を対局させて鑑賞する。さらにその応用として、自分の課題局面からソフトに検討させたり、ソフト同士に対局させて最善の進行は何かを考える。

  • 高度な定跡作成機能

など、先進的な機能が満載です。なお詳しいマニュアルはShogiGUIのサイトにあります。一方、将棋所は上記の機能に関してはShogiGUIと比べると劣る面もあるのですが、ネット対局やエンジンのデバッグ機能, リーグ戦機能などShogiGUIにはない機能もあり、開発者にはより信頼されています。また、コンピュータ将棋対局サイトであるfloodgateに参加するためには将棋所が必要になります。

 

ShogiGUIの機能に慣れてきて、より強いソフトで研究したいと思い始めたのであれば、将棋エンジンのインストールを考え始める時期に来たといえるでしょう。フリーの将棋エンジンは今や星の数ほどあります。私のレーティング表は各将棋エンジンの強さを表示していますが、それぞれ棋力・棋風も違っていてよりどりみどりという状態です。インストールの方法は作者のページからエンジンをダウンロードして解凍、ShogiGUIなどにエンジン登録という手順を踏むものがほとんどです。比較的インストールが簡単なもので現段階(2018年5月)でお勧めなのは

  • 大合神クジラちゃん:作者のページからクライアント最新版をダウンロード。解凍して出てきたフォルダーの中のEngineというフォルダーにソフトが入っています。現時点で最強のエンジンです。(R4200)

  • Apery: ここ数年最強ソフトだったので、使っている人が多い(R4100弱)。付随する評価関数を変換してやねうら王と組み合わせるとさらに強くなります。(R4200弱)

  • T.N.K.: (正式名称は"the end of genesis T.N.K.evolution turbo type D")  新型の評価関数を搭載。クジラちゃんなどと比べるとだいぶ軽量でメモリーなどが小さいパソコンにもお勧めできます。棋力もクジラちゃんと比べて遜色ありません。(R4150)

  • Honey Waffle: 評価関数と定跡を工夫して振飛車に特化したソフト。他のソフトはほとんど振り飛車を指さないので振り飛車党には唯一の選択。(R4050前後)

  • 技巧2:1年前に発表されたソフトのため上記のソフトと比べると棋力はやや下(R3800)だが、人間の感覚に近い手を指すと言われている。様々な戦型の定跡も入っています。棋力がやや低いといっても人間と比べると異次元の強さなので問題ない。tanuki-と同様にクジラ, Apery, Honey Waffleなどと比べるとだいぶ軽量です。

#2018/06/15 現時点ではクジラちゃんはもはや最強ではなく、評価関数をQQRに入れ替えた方が強くなります。また、T.N.K.も評価関数をnn20180608mafuに入れ替えたほうが強いです。ともにエンジンが入っているフォルダにあるevalフォルダの中身を上記リンクからダウンロードしたものに置き換えればアップグレードできます。これが現在のトップソフトでクジラちゃんよりR50ほど強くなります。

 

他にも多くの個性的で強いソフトはありますがほとんどのユーザーにとっては上のリストから、それぞれの需要によりいくつか選べば事足りるはず。これらのソフトでは思考深度やノード数を減らすことにより棋力を落とし、対局することもできます。ただし、めいっぱい弱くしてもそれなりに強くアマチュア有段者レベルです。

 

以上、将棋研究という観点からのフリーソフト導入について簡単に解説してみました。なお、将棋ソフトのもう一つの使い方はユーザとの対局だと思います。これについてはまた別の機会に解説してみたいと思います。

Please reload

特集記事

以前より、私のツィートや記事にコメントをいただいている、コンピュータ将棋に大変詳しい方(まふさんと名乗られています)が、技巧の定跡の開発を始められました。定跡を作るためのデータとして私がレーティング計測用に作った棋譜ファイルを使っていただいているという縁もあり、新定跡のテストを私が担当することになり...

技巧新定跡(まふ定跡)

December 8, 2016

1/10
Please reload

最新記事

September 30, 2018

Please reload

アーカイブ