ukamuse-kai2のパラメータとレーティング(予備調査)

shogi686作者の額賀氏(@merom686)が浮かむ瀬に一部手を加えてアマチュアが普通に対局できるプログラムを発表されました。 http://www.geocities.jp/nanami_486/com_shogi.html このプログラムは対局時設定で二つのパラメータを設定することによりプログラムの強さを変化させることができます。ソフトに添付されている「使い方」というファイルに説明があり 「棋力はデフォルト設定でアマ1級くらい?(乱数を使っているので毎回強さが変わる) ・オプション(追加したオプションには"Ex_"が付いています) Ex_Limit_Nodes : 時間だけでなく、探索ノード数も制限するようにします Ex_Nodes : Ex_Limit_Nodesがオンのときの探索ノード数 ※小さいほど弱くなる Ex_Random_Eval : KKPに加える乱数の大きさ(起動するたび違う評価関数になります)※大きいほど弱くなる」 とあります。探索ノード数は読む局面の数ですが、乱数の大きさの方は(大雑把に言って)どの程度悪手を指してくれるかを示すパラメータだと解釈しています。デフォールトの設定ではノード数が20000, 乱数が400になっていて、このときのレーティングがR776、額賀氏が書かれているようにこのあたりの強さがウォーズ一級レベルだと推察されます(私はちょうどそれくらいなので実感できる)。24レートでは大体500前後ではないでしょうか。以前depth指定の技巧で強さがどのように変化するかについて記事を書きましたが、あまりにも浅い深度の場合には指手が不

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square