駒得によるハンデ

前の記事で駒落ち(香落ち、角落ち、飛車落ち、二枚落ち)でどの程度レートを落とせるのか、検証いたしました。最近81道場の代表をされている方が、上手の駒を落とす代わりに、上手陣の駒を下手に与える状態から指し始めることにより、より自然なハンデが与えられるのではないかと提案されています。せっかく駒落ちについて検証したので駒得によるハンデも調べてみることにしました。上記のサイトでは将棋ソフトで初期状態を深く読ませて評価値からハンデの大きさを類推しているものと考えられます。私のサイトではその初期状態から実際に対局させて(一手五秒、4スレ)その勝ち負けからレート差がどの程度になるかを決めます。他の記事と同様、この記事も長い調査期間が必要ですので折に触れて少しづつ調べていき、追記していきたいと思います。ソフトは浮かむ瀬を使うことにいたします。 (1) 両端歩得 上手の両端の歩を下手の持ち駒にする。上記の記事では飛車落ちよりも大きなハンデではないかと図示されています。(レート差1000以上?)ただ歩がないことにより香車が直射するため計算が食い違う可能性があると書かれています。まずはこれから調べてみることにしました。まず、初期盤面の評価値ですが浮かむ瀬で下手400有利になります。これは実はたいした差ではありません。(飛車落ちの場合は約1000位ある)一応上記サイトで行っているレート差が1000位あるGPSFishから、大樹の枝、Silent Majority 1.0などといった強豪ソフトを当てていったのですが上手が圧倒して正しいレートが出ません。ようやく釣り合ったと思われるのは読み太(第四回将棋電

ソフトの駒落ちハンデ

(2/5) この記事、書き足しているうちにわかりにくくなってしまったので書き直します。 アマチュアの将棋で棋力に差があるプレーヤ同士が対局する場合、駒落ちでハンデをつけるのが普通です。一方、プロやソフト同士では駒落ち戦はほとんど行われておらず、棋譜も少ないのが現状だと思います。この記事では現時点(2017年1月)で代表的なフリーソフトであるうかむ瀬(Apery SDT4)と技巧がどのような駒落ち戦を戦うのかを取り扱います。対局は評価値グラフがすぐ見れるのでShogiGUIを用いて行いました。また定跡はすべてオフにしています。定跡を用いると下手がより有利な条件から始められるのですが、強豪ソフトがどのような序盤を指すのかも一興ですのでまずは定跡無しでデータを取ることにしました。棋譜も資料的な価値があると思いますのでこちらに置きます。 ソフトと人間の対局の大きな違いは、ソフトは大きな失敗をしないという点があげられます。少なくともR3000以上のソフトである限り明らかな悪手をソフトは指しません。ただ、各局面でほんの少しだけ良い手を上位のソフトは指し続けるので、それが累積することにより最終的には大きな差を生むことになります。私がソフトの駒落ち戦を見ていて大変興味深かったのは、条件をうまく設定して下手と上手の勝率が拮抗するようにすると、下手に有利な評価値(例えば角落ちであれば800点あたり)を中終盤の80手辺りまでずっとキープすることがあげられます。ある程度、評価値の差がある局面では有利な方がより有効な手を指すことができるため、ソフト同士の対局の場合逆転が難しいのですが、ソフト間の力量差に

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square