コンピュータ将棋用語集

阿部健治郎プロがツィッターで「コンピュータ将棋用語一覧と意味が整理されているサイトをご存知の方は教えて下さい。 Wikipediaでも良いです。」とおっしゃっているということ、私のサイトで用いられている基本的な用語くらいは解説しておこうと思いました。なお、順番は思いついた順でランダムです。解説は独断と偏見によるもので間違っていたらご指摘お願いします。コンピュータ将棋用語だけでなく関連するハード、OSなどの解説も含みます。技術的に高度なものについてはqhapaqさんの解説を参照してください。また、最近はこちらの解説も充実してきています。 レーティング:棋力を数値化したもの。より正確にはイロレーティング(elo rating)と呼ばれる。エロ(ero)ではないことに注意。レーティングが100違うと勝率にして64%の差、段級位にして1違うと思えば良い。サイトにより基準がまちまちで対応表が必要になる。私のサイトと将棋倶楽部24の対応は、カツ丼将棋の松本さんのご協力のもと最近調査した。 floodgate: コンピュータ将棋連続対局場所。将棋所などを用いて誰でも参加することができる。開発者が大会前に自作ソフトの強さ(レーティング)の計測に用いられることが多い。登録名は自由なので、どのようなソフトがどのようなスペックのマシンで動いているのかわからない。ちなみに、現在主流のデスクトップ用CPUで4スレッドでfloodgateに参戦すると、このサイトのレーティングから300減らしたくらいのレートが出る。トップクラスのデスクトップPCで参戦すると大体同じくらいの値になるようである。 ノード数:ソ

WCSC28のアピール文:三行まとめ

WCSC28のアピール文、読むのが大変なのでそれぞれ3行以下に抜粋(+ハード説明一行)。まとめが適切でなかったら修正しますのでご連絡ください。 elmo 三駒型、序盤の学習を厚くしている 定跡を評価関数と同様にelmo型で作成 (AWS)m5.24xlargeもしくはc5.18xlargeを予定 大合神クジラちゃん GPS型のマスタスレーブ+独自の工夫 探索はやねうら王、評価関数は既存のものに追加学習 定跡はまふ氏作 ニコニコ生放送リスナーのパソコン the end of genesis T.N.K.evolution turbo type D 高速な差分計算を特徴とし三駒関係と同等の NPS を実現する ディープラーニング評価関数を搭載。CPUで評価 KPに相当する特徴量を入力とする全結合ニューラルネットワーク Xeon, Intel Corei7 読み太 3駒関係+手番評価(KPPT型)SDT5版に対して追加学習 elmo.WCSC27に75%の勝率(+R190) 技巧型のクラスタ並列探索。c4.8xlargeを16台 Amazon EC2 c4.8xlarge×16+Core i7 6700HQ HoneyWaffle 公開されている技術を最大限に活用し、最強振り飛車党ソフトを目指す 定跡や変な評価関数でただ飛車を振るだけでは真の「振り飛車」ではない 意識して「堅く囲ってから鋭く攻める」ことができるよう、にする。 AWS E

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square