レート計算 まとめ

(1) ソフトレートと将棋倶楽部24の換算 こちらの記事にある対応表ですが、今の所の見当としては、24レートがR300以上、R2900以下の領域では (24レート)=-0.0003(ソフトレート)^2 +2.61(ソフトレート)-1948 という公式で良いように思われる。 対応が非線形になっているのは将棋倶楽部24の級位レベルはプレーヤが多くレート圧縮効果があること、加入時に棋力を過小申告している人が多いためレーティングの割に強い人が多いことが原因になっていると思われる。 24レート2700(ソフトレート2900)以上は上記の非線形な関係式を外挿するとソフトレートと24レートの比例係数が1よりも大きくなるのでそのまま使うわけには行きません。将棋倶楽部24にはR3000を超えるようなプレーヤは少ないので比較する意味は余りありませんが、あえて対応関係をつけるとすると、上記の関係式を線形に外挿した (24レート)=(ソフトレート)+200 が適当だと思われる。 (2) ソフトレートとやねうら王ノード数の対応関係 こちらの記事で公表している結果。Qhapaq_WCSC28を評価関数として用いた場合 (ソフトレート)=295 log(ノード数)+1320 というフィッティングができる。適応範囲はノード数100~200,000くらいまで。なおlogは自然対数。 (3) 駒落ちで生じるレート差 第一回、第二回、第三回、第四回 上位のソフトを駒落ちで下位のソフトと対局させレートを測定してきた。ただし定跡はoff。下記の数字は平手のレートから駒落ちのレートの差。 角落 レート差 700 (QQR

Stockfishのskill levelについて:GPSfishを用いた調査

最近の将棋ソフトは強すぎるので、人間プレーヤと対局するためには棋力を調整しなくてはいけないのですが、その方法としてソフト側から提供されているものとして (1)持ち時間制御(全てのソフト) (2)思考深度調整(やねうら王, 技巧, Bonanzaなど) (3)思考ノード数制限(やねうら王、Bonanzaなど) (4)Skill level (以下レベル設定と呼ぶ。Apery, GPSfish, Novice, Usapyon2など) この内(1)~(3)についてはそれぞれある程度検証済みですが、上位ソフトを級位レベルまで棋力を落とすのは容易ではなく、極端に小さなノード数、浅い思考深度に設定する必要があって自然な指し手という観点からは問題があります。そこで、今回は(4)に注目してどの程度棋力を自然に落とすことができるのか調べてみました。Novice miniについては以前調査を行ったことがありましたが、今回はもう少し詳しいデータを集めることにしました。レベル設定という機能はチェスソフトのStockfishに由来するもので、最近の将棋ソフトはStockfishのコードをそのまま用いている場合が多いため、多くのソフトその機能を用いることができます。レベル設定のメカニズムとしては、Novice開発者による説明がわかりやすいので前回に引き続きそのまま引用させてもらうと 「簡単に言うと、Skill Level が20以外に設定されていると、MultiPv4が設定され、SkillLevelに応じて、採用する手と第一候補手に対する手の評価値の幅を決めている感じです。(内部で乱数使ったりもしていま

レーティングから見る将棋ソフトの劇的進歩について

ツイッターなどで、ここ数年の将棋ソフトの急激な進歩について把握されていない方が多いという印象を持ちました。Aperyが公表された2015年以前までの将棋ソフトの進歩は緩やかで、数年かけて人間のレベルを追い越していき現在に至っている印象があります。しかし、人間のレベルを超しプロ棋士との対局が下火になっていった2016年あたりから将棋ソフトは急激に強くなっています。せっかくレーティングを調べてきましたので、フリーソフトのレートがどのように伸びてきたのか、まとめてみたいと思います。 まず、次の表を御覧ください。(ソフトレートと24Rは2018.09.07のもの) 表の最初のフリーソフトとしてはBonanza1を取り上げました。Bonanzaのソースコード公開が将棋ソフトの発展の基礎になったという認識です。24Rというのはソフトレートを将棋倶楽部24のレーティングに換算したもので、最近カツ丼将棋の松本さんの協力のもと行った調査に基づき得られたものです。YOと書いたのはやねうら王エンジン。2014年くらいまでのソフトのレート進歩は緩やかですが、2009年に渡辺竜王(当時)と対局されたBonanza3 (マルチコアで実装された発展版=Bonanza4と同等とみなしてます)は、渡辺竜王をギリギリまで追い詰め、奨励会初段~三段の力量だと評されました。この当時のソフトの力量は24レートで2800前後、将棋倶楽部24の七段相当と考えられます。 将棋ソフトが最も注目された時期は将棋電王戦が行われていた時期だと思います。電王戦の経過についてはwikipediaがよくまとまっています。第一回電王戦(20

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square