June 23, 2016

このようなサイトをやっていて、つい知りたくなってしまうのはここで付けているソフトのレーティングが24やプロ棋士のレーティングとどのように対応しているのかです。これはやってはいけないことなのかもしれませんが、どうせ私はどちらの業界にも属していないので発言に信頼性も責任もないということでお気楽な評価をいたします。まだ、内容もあまりないのでとりあえずメモというステータスです。

コンピュータソフトと棋士との対局で有名なものとして、2007年3月に行われた渡辺明竜王とBonanzaの対局があります。(WikipediaのBonanzaの欄にある...

June 19, 2016

以前のブログの記事でlazy smpにより実際対応しているソフトはCPUコア数以上のスレッド数に設定すると強くなるため、各ソフトについて4スレと8スレの両方でレーティングを計測し始めたことについて書きました。現在の段階でlazy smp対応ソフトについて各ソフトのレート差を取ると、多少の誤差はあれ、50~100程度のレート向上効果が見られます。今のところこれはそれぞれのソフトの8スレ版を4スレ版と独立に対局させることにより得られてきました。

lazy smpによりどの程度レートが上がるのかはNPSの向上率からほぼ見積もれるのではないか...

June 7, 2016

技巧の自己対戦によるレーティング調査をやっていたところ、インターフェースとの相性により最初の10手くらいが同じになってしまうという現象に出くわしました。これでは、対局記録としてレーティング評価に使うのはどうかなと考え、ツィートや某掲示板でそのバグについて報告いたしました。その報告が効いたのかどうかは定かではありませんが、数日後、そのバグは新しいバージョンで作者の出村氏によりふさがれておりました。お忙しいとは思うのですがバグに直ちに対応していただいた出村氏に大変感謝しております。

 

さて、そのような出来事があったため、各ソフトが序盤でど...

June 3, 2016

技巧のレーティングを計測し始めて以降、最初高く出ていたレーティングが、少しずつ落ちてきました。これはレーティングが200程度離れているソフトとの対局をさせると、レーティングの差ほど勝ち越せていないことに起因しています。

 

以前からこのような現象は他のソフトのレーティングの計測でも起きていました。つまり強さの順にA,B,Cというプログラムがあるとき、AとBのレーティング差をR(A,B), BとCの差をR(B,C), AとCの差をR(A,C)とするとき、A, B, Cの間の対局を非常に多く行ってレート差の統計精度をあげたとしても、R(A,...

Please reload

特集記事

以前より、私のツィートや記事にコメントをいただいている、コンピュータ将棋に大変詳しい方(まふさんと名乗られています)が、技巧の定跡の開発を始められました。定跡を作るためのデータとして私がレーティング計測用に作った棋譜ファイルを使っていただいているという縁もあり、新定跡のテストを私が担当することになり...

技巧新定跡(まふ定跡)

December 8, 2016

1/10
Please reload

最新記事

September 30, 2018

Please reload

アーカイブ